2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
足先!
2010年06月05日(土)
朝のレッスンへ。
だんなは先週歩いたトレイルへウォーキングへ。

さて。。バレエの方は週5回行ってみたり、気分が乗らず1,2週間行かなかったり。
3月末に日本に帰って以来、パドドゥを踊る機会は消滅してしまいました。
それに最近「レッスン終了30分後以降スタジオ使用有料」と張り紙がしてあり、
空き教室で足慣らしできなくなってしまいました。
お教室だってビジネスなんだものね。電気代や冷暖房費、土地代とかかっているわけで。
(なので早朝クラスや午後クラスが一気に増えました)

ならば、色んなクラスにトライしてみようといくつか上のレベルを受けてみました。
長らくチャレンジの機会をうかがっていた上級クラス。
いざ行ってみると、半数は初級、中級で一緒の顔ぶれでした。

で、気がつきました。
"Advanced"は上級の生徒の為だけではなく、上級になりたい人のクラスでもある
ということです。

時々他の講師がレッスンに混じっているとややこし~い動き満載になりますが
基本は同じで、音に対して動きが速くなる、パが多くなるという感じでした。
難易度の高いものは事前に丁寧に説明してくれます。
アレグロはカトルやトロワ、サンクなどが必ず組み込まれているのでとても嬉しい。
いい頭のトレーニングにもなってます。

うまく音に合ってついていけたら気持ちすっきり、自信にもなるし
出来なければチャレンジ精神に火がつくし。
いずれにしても環境を変えるのにいい機会であったと思います。

さて、今日の練習では最後にフェッテタイムがありました。
生徒の一人がメニューに取り入れるよう先生にお願いしたようです。

これが。。何年やってもきれいにならないのねぇ。回数も増えないし。。
ひどいのは足先です。
どうして横に脚を伸ばしたときにつま先がフレックスになっちゃうんだろう。

終わった後にバーで練習していたところ、「チョットマッテ!」と
日本語を話すアメリカ人のレッスンメイトがやってきました。

「つま先のばして!」
「ちゃんとターンアウトのままロンド!」
「アラセゴンにきたらすぐにパッセ」
「ドゥヴァンはセンターから。」
「バーを持ってパッセ→ドゥヴァン→アラセゴン→パッセの練習するといいわよ」
とのこと。

アラセゴンが後ろまで行き過ぎているから上半身が左に傾く。
それで体がねじれて首を切るのが遅れて、背中が反る。(ランベルセを思い出した。。)

と気がつきました。

ナルホド~。ありがたいアドバイスです!
ありがとう^^Mちゃん★

新たな”意識”ポイントが見つかりました。
足先もしっかり気をつけて。
毎回練習して帰ろうと思います。
  
スポンサーサイト
【編集】 13:06 |  レッスン  | TB(0) | CM(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。