2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
ルツェルン交響楽団の夕べ
2008年06月30日(月)
得チケで半額の席が出ていたので行ってきました。
魔弾の射手序曲、ショパンのピアノ協奏曲2番とブラームスの交響曲1番。
場所はお気に入りのサントリーホール。
見晴らしのいい2階のS席でした。

どの曲も終始安心して聞くことができました。
特に弦の響きがよく、重厚かつ暖かみがあって澄んだサウンド。
のびのび弾いているし全体としてよくまとまっている。
指揮者の方もアツい方でした。
大好きなブラームスはやっぱり実力のあるオケの演奏で聴きたい。
満足です。

ショパンのP協もなかなか良かったです。
2番はとてもロマンチックな曲。
まるで夢のあとのまどろみのようなふんわりしたムードをみごとに演奏していました。
ニコライ・トカレフさんはバレエダンサーのようにすらりとしたピアニスト。
クールな印象を受けました。
体が大きいせいでしょうか。こちらも安心してゆったり&うっとり聞くことができました。

少し前に都響のシューマンのP協を聴きに行ったのですが、
舞台に出てきたピアニストは子供みたいにほっそりした男の子。。
この演奏がひどいものでした。
最後スタミナ切れだったのか、一番盛り上がるはずの最終楽章が気抜けしたような音だったのです。
フォルテシモであってほしいところが紙風船を落したような音。
指が鍵盤の上を滑っているように聞こえるし、アクセントは変だし。
”その演奏納得いかない~!”って怒りましたよ。

長いあいだ集中して弾き続けなければならない協奏曲はきっとダンサーと同じようにとても体力がいるのだと思います。
テクニックだけでは成り立たないのですね。
だからガッシリ体型やぽっちゃりした方が出てきた方が安心して聴けたりする。

それに「芸術に国境はない」とはいうけれど国内のオケはがっかりすることが多いので
同じお金を出して行くのなら海外の方がハズレが少ないかも。。。

日本のオケも頑張っていると思うんですけどね。
特に弦楽器の音。
雑音にしか聞こえない団体があまりに多いのです。
何が違うのでしょう。
歴史、音楽を奏でる環境、楽器、骨格、民族性、才能。。。何でしょ。

話がそれましたが、聴き応えのあるいい演奏会でした。
オケもピアノもそれぞれにアンコール付でした。

好きな曲を聴くのはバレエを見るのと同じように心が潤います♪
今月は機会があれば色々見たり聴いたりしたいと思います。
今週、来週とで英国ロイヤルバレエの公演も控えているのでとても楽しみ。

会場で假屋崎省吾さんをお見かけしました。
ロン毛の金髪はやはり目立ちますねー。
  
スポンサーサイト
【編集】 22:07 |  公演  | TB(0) | CM(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。