2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
デビュー作は
2008年04月30日(水)
ミステリー憑いている今日この頃。
読んだ小説がどんな風に映像化されているのか見てみたくて
ついに、

宅配レンタルDVDデビュー☆

TSUTAYA DISCASのお試しに申し込んでみました。

確か申込みが日曜の深夜。
火曜の午前中にはもう第一便が届いていました。

速いですね~。さすが。

お店に行って探して、返しに行くというのはもう面倒でできなさそう。
もともと近くに手頃なレンタル店がないので、郵便受けに届くというのは本当に便利です。
返却は届いたときの封筒でポストに入れればいいだけなので、楽だわ~。

で、最初の作品はこれ。

やはり松本清張。(自身の中でもお気に入りの傑作だそうです)

ゼロの焦点ゼロの焦点
(2005/11/26)
山田洋次、穂積・隆信 他

商品詳細を見る


かなり古い映画です。白黒でした。
役者さんたちは全く知らない方ばかり。

映画の中におさめなければいけないので、だいぶ端折ってました。
展開は同じだけれど、小説では想像だったところが描かれていたり
若干違うシーンもいくつかありました。

でも一番の見どころは冬の日本海と寒村の風景でしょうか。
古い日本映画独特の味わいが感じられました。

最後を荒波打ち寄せる断崖絶壁で白状させるところはミステリーの典型的手法かな。
(真実を語りたくなるのかしら。。今でもよくあるパターン)

古いといえば、役者のセリフの言い回しが独特でしたね。
早口で聞き取りにくい感もあり。

展開が速いので原作を読んでおいてちょうどよかったかも。
想像力を働かせながら、人生のドラマを味わうのならやはり小説の方がおもしろいかなぁ
という感想です。

映画を見たらまた本の方を読みたくなったので、これは買ってもいいかなと思っています。
  
スポンサーサイト
【編集】 23:43 |  DVD  | TB(0) | CM(2) | Top↑
コメント
超ご無沙汰でございます(^^ゞ
便利ですか・・やっぱり・・・
私もソレにしようかなぁ・・・
ポストが目の前なので(^^)v

デビューお届けは渋い作品ですね~
はるぴょん | 2008.06.02(月) 20:13 | URL【コメント編集
●お、お久~!
ご無沙汰してますー。
お越し下さって嬉しいです!
最近時間がなくてブログ書いてないのですが。。
お元気ですかー?

レンタル迅速だしネットで便利でした!
ゆっくり見る時間がとれなくてお試しだけで解約してしまったのですがお勧めです♪

落ち着いたらそちらにも遊びに行きますね!
キョン蔵 | 2008.06.03(火) 22:24 | URL【コメント編集
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。