2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
発表会
2007年12月18日(火)
先日友人の出る発表会を見に行ってきました。
知っている人の舞台ってまるで自分のことにようにワクワクしたり緊張します。

一組はご夫婦で踊るGPDD。
体力的に大変なのはよくわかるので。。
最後のポーズを決めた時には。。もうすごい脱力感。。。
気持ちは一緒に踊ってるのよね(^^;)。

もう一人はブログのお友達。
実は拝見するのが二度目です。
ピンクの素敵なチュチュを着てライトを浴びて。
とてもポールドヴラや表情が綺麗なのです。
広い舞台で踊っているのを見ていたらじ~んときてしまった。
お疲れ様でした(^^)


今回沢山の人の踊りを見ましたが、その人が知り合いか知らない人かによって
見方が180度変わるものですね。
友達ならダントツ応援モード。
知らない人だと見る目が厳しくなったり。
まったく。。お客ってワガママ。

以前クマテツがインタビューで”観客の受信力が大事だ”と言っていましたが、
ダンサー、作品への関心度や好感度にかなり影響されるのでしょうね。

一番気になったのは足先のゆるさ。
膝から下、それも足首から下がぺろ~んとぶら下がっている人があまりに多くて。。
(もれなく自分にも言えることだけど)
やはりバレエって人間の体のつくりに反したものなんだなぁ。。と感じました。
ちゃんとコントロール出来るようになるまでがあまりに長い。。。

最後はスマイルパワー。
嬉しそうに、幸せそうに踊っているのが見ていて一番楽しい♪


舞台はやっぱりいいものです。
 
スポンサーサイト
【編集】 22:48 |  レッスン  | TB(0) | CM(7) | Top↑
コメント
●ありがとうございました
(匿名にしなくても良かったかな・・・?)

舞台前と舞台後に楽屋に訪れてくれたkyonさん。
おかげさまで勇気百倍&安堵百倍でした^^

腕は私は必要以上にヒラヒラしがちなのですが、今回すこし押さえられたようで、ちょうどいい具合だったのかなと思います。
きれいと言ってもらえてとても嬉しい、ありがと☆

そして表情・・・。
内輪用のプログラムに、出演者と先生のコメントを書くところがあって、私は「笑顔で踊れたらいいなぁ」なんて書いたのですよ。
ところが“出”でトチってすべてパーッと飛んでしまい、ニコリとも出来なかった気がするのです。
でもkyonさんのお言葉からして、とりあえずコワイ顔はしていなかったようですね? 良かった(笑)。

足のことも吹っ飛んでたので、きっと私もベロン組だと思いますが、終わってしまえば感想は「楽しかった」のひとこと。
次回にはもっと上手にのびやかに踊れると思います、えー、多分^^;
知り合い以外のお客さんにも「あら、なかなかいいんじゃない?」と言ってもらえるように、「苦しくったって~、悲しくったって~、舞台の上では笑顔なの♪」の精神で頑張りますわ^^

それでは長々と失礼いたしました。
本当にどうもありがとうでした^^/~~~~~~~
ブログ友達の方です | 2007.12.19(水) 22:21 | URL【コメント編集
舞台に立つ役者さんや歌手の新人やあまり知られていない人は大変だな・・・。と思ったことがあります。
皆知らないので見る眼も厳しく判断されてしまいますね。
見慣れてきたり、その厳しい眼に認められると次からは結構温かく迎え入れてもらえる感じがします。
観客を見方につけてしまえば、演じるほうにもその空気が伝わりパワーを貰えますね。
発表会は知り合いをたくさん呼んだほうが良いですね。
もし身内でない観客から温かい空気が伝わってきたら、良かったのかな?と自分の出来を判断しています。
musika | 2007.12.20(木) 22:42 | URL【コメント編集
●お疲れ様でした!
楽しめて良かったですね♪
やっぱり舞台ってうれしいもんね~。
出だしのハプニング?私は全然記憶になくて。。
わ~踊ってる~っていう気持ちで舞い上がってたかも(^^;)。

ほんの数分で自分の魅力を出して何かを伝えるってなかなかむつかしいものです。
全然知らない人にも好感を持ってもらえるといいですよね。
テクがイマイチでも自然と応援したくなる人もあり、その逆もいたり。

出演前に楽屋を訪れた時はとても不安そうでしたが、踊った後は清々しくていいお顔されてましたよん。

また舞台に出て輝いて下さいね~!!

そうそう、苦しくったって~の精神で!
スマイルね♪
kyon_zou | 2007.12.23(日) 22:29 | URL【コメント編集
●musikaさん
先日の舞台でとても”冷めた”瞬間がありました。

パーっとスマイル全開(のつもり)のところだったのですが、客席の方々はみんな真顔。。。
身動きもせずじーっと座って見ている。。(当たり前だけど)

というのを見てなんだか温度差を感じたのでした。
アタシ独りだけテンション高いのね。。って(^^;)

バレエって大技や拍手意外は黙っておとなしく見ているので演じる方は自分でテンションコントロールするわけですよね。
お客さんにウケているか引かれているかは肌で感じるもの。
知り合いが沢山いれば。。プレッシャーにもなるけど、やっぱり心強いです。
kyon_zou | 2007.12.23(日) 22:36 | URL【コメント編集
歌も同じです♪
観客が近いライブハウス的な舞台では、すぐ近くに観客がいるので、本当によく観客の表情が見えてしまうんです。歌う前からお義理で来てるというような、退屈そうな表情を見てしまうとこちらのテンション・集中力を保つのがとても大変、ビビリます^^;
目のやり場にも困ってしまいます。
だから私は今のところ、観客と距離が遠い大舞台の方がテンションも集中力も保てるので好きです。
musika | 2007.12.25(火) 02:52 | URL【コメント編集
●ナルホド
歌でも一緒なんですねぇ。
目のやり場に困る。。って想像がつきます。
盛り上がっていればお客さんとの一体感も感じるのでしょうが、これってかなり場数踏まないと慣れないのかしら。。

バレエのレッスンでも最前列だと目線が下がるから後ろの列で踊ることにしている、という人もいます。
レッスン場が広ければ。。。鏡まで遠いから気が楽なんだけどね~。
kyon_zou | 2007.12.25(火) 21:30 | URL【コメント編集
みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/meannano/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
みんな の プロフィール | 2008.01.02(水) 03:16 | URL【コメント編集
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。