2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
ドキドキレッスン
2007年05月08日(火)
すっかりマンスリー化してましたね。
ほぼひと月の更新。
色んな事があったんですが。。ま、それは追々。

連休を海外で過ごし、つい数時間前に自宅へ帰り着きました。
日付変更線をまたいだので今日は昼が2回。
すっかり睡眠サイクルが狂ってます。
翌朝のレッスンにちゃんと行けるかしら。
深夜にお気に入りの中国武侠ドラマがあるしなぁ。。。

というのはさておき。

旅先でオープンクラスに参加してきました。
色んな意味でドキドキのレッスン。



【More・・・】

まずレッスン場の建物がとても治安の悪い場所にあったこと。
周辺一帯は浮浪者に酔っぱらいだらけ。
大声で怒鳴りながら近づいてくる人もいてすっかりビビった私。

時間の都合上”Int/adv”しか合うクラスがなかったのでこれもドキドキ。
”中上級ってどんなことをするんだろう?”ってとても気になっていたのです。
指導してくれたのはおじいちゃん先生。
簡単に自己紹介と初めてレッスンに来た旨を伝えると一回でちゃんと名前を覚えてくれて、もう1人日本人がいることを教えてくれました。
音楽はピアノの生演奏です。

レッスンはほどよく複雑なアンシェヌマン。
若い先生のように全部フルでやってみせてくれるわけではないので、結局は前の人をひたすら追いかけて動いてました。
でも身体の使い方や美しく見せる為の説明はこと細か。
生徒ひとりひとりの身体をチェックして回ります。
初めての生徒を気遣ってか”キョンゾウ、グッド!”、”グッドルッキン!”と声をかけてくれるのでかなりテンション上がりました。
外国人の先生は褒めるのやムードづくりが本当に上手ですよね~。

センターはさらに複雑化。特に回転系バラエティ豊富に登場。
鏡を見たらすごい格好になってたわ(^^;)。。
けど普段やり慣れていないパがつながっていると自分の出来ない箇所がはっきりわかる。
新たな目標が出来るし、何より刺激がたくさんあって楽しい!

生徒は全部で9名。
日本人2人、ラテンアメリカ系?2人、白人4名に怪しい動きをする東洋人男性1名。
2人ほど”ロシアのバレエ団からやってきたの?”というくらい美しいバレリーナがいたのですが、ロンデジャンプアテールやバランソワでゴンゴン太もも同士があたってるの。
一番にすると踵と踵の間が10㎝程もある見事なX脚にしばし見とれてました。

もう1人いた日本の方は先生をめざして指導法を学んでいるとのこと。
どの国のオープンクラスでも大抵模範的に上手な日本人を見かけますね。

終了後はほとんどの人が熱心に各自レッスンを続行。
私は感想を聞きに来た先生に”レッスン楽しかったです~!”と伝えて気分爽快のうちに教室を後にしました。
人数が少なかったせいか先生とのコミュニケーションが多く、それも充実していた要因だと思います。
言葉は違っても言っている内容は普段のレッスンで聞いているのとそう変わらないしね。

食べ過ぎ&運動不足も解消できてオープンクラス体験はやはり旅にはなくてはならない楽しみ。
ドキドキでも行った甲斐があったわ♪
こうして旅の思い出も一層深まるのでした。
スポンサーサイト
【編集】 21:59 |  レッスン  | TB(0) | CM(6) | Top↑
コメント
海外でバレエのレッスンを受けてきたんですね♪
どこの国に行っていたんですか?
バレエは海外でも用語は共通だからいいですね。
いろいろな先生に習うと新たな発見があったりしますよね。あと、そこの生徒さんからも学ぶものがあったり触発されたり・・・。
わたしもピラティスで違う先生に時々習うのですが、やりかたや注意の表現の仕方が違ったりして、いろいろな角度から見ることができて新鮮です。

ゆっくり休んでください。
musika | 2007.05.08(火) 23:41 | URL【コメント編集
●お久しぶりです♪
そう、新鮮!先生がかわると同じ内容のことでも新たな発見があって”いつも言われているのはこのことか~!”と思うんですよね。
教室も広くて色んな人種に囲まれてのレッスンは本当に刺激大。この時だけは英語もすんなり頭に入ります(あとはサッパリ(^^;))
受付で”int/advクラスに参加したい”と伝えたら”GREAT!”と返ってきたの。日本だとこんな会話はないですよね。
行ったのは米国です。
深夜ドラマはしっかり見逃しました~(>_<)

kyon_zou | 2007.05.09(水) 06:32 | URLコメント編集
●お久しぶりです
GWは海外で過ごしたんですね。しかもレッスンまで受けて♪羨ましいv-353
日本で外人の先生のレッスンを受けたことがありますが、外国の先生は流れや音のとり方などを大切にしているなぁと感じたことがあります。
一人で海外のオープンクラスを受けるのって夢ですが
小心者の私には無理かも~^^;
きょん蔵さんはすごいわぁv-344
thankskei | 2007.05.10(木) 11:19 | URL【コメント編集
●私も
すご~い小心者です!!やはり初めて行くオープンクラスはドキドキですよね。
車でビル前まで送ってもらったのですが、周囲の超治安悪い雰囲気のなか”ホラ行ってこい”と車を降ろされ。。生きた心地がしませんでした(^^;)。。
あまりに恐ろしくて時間まで美術館の影に隠れてたんです。。。

同じバレエでも少しずつアプローチの仕方が違って今まで気づかなかったことがわかりますね。
thankskeiさんも是非是非機会があれば行ってみてください!
kyon_zou | 2007.05.10(木) 17:42 | URLコメント編集
●良い刺激でしたね^^
あいかわらずバイタリティあふれるkyonさん、素敵だ~!
先生に、本当に名前を「キョンゾウ」と呼ばれたのかと思って、一瞬笑っちゃいました(^^;
普段やりなれていないアンシェヌマンて、そう難しいことじゃないはずなのに出来なかったり。
こんな風な自分の苦手を新たに発見すると、ちょっと頑張ってみたくなっちゃいますよね(笑)。
なつ | 2007.05.14(月) 10:23 | URL【コメント編集
●そうそう
同じ教室でずっとやっているとレッスンに出てくるパが決まり切ってきちゃうんですよね。
だからオープンは適度にいい刺激が来ます。

海外だと説明もちゃんと聞きたいから集中力はさらにアップですよ。(まあ日本の先生と同じこと言っているんだけどね)
名前を一回でちゃんと覚えてくれる先生にはビックリでした。(白髪のおじいちゃんだったの。。やはりバレエやっていると頭サエてるんだわ~)
kyon_zou | 2007.05.15(火) 08:44 | URLコメント編集
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。