2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
『ケッヘル』
2007年01月15日(月)
一気に読み切ってしまった。
寝食を忘れ。。というのは本当にあるもので、昼に読み始めて下巻を読み終わったのは深夜でした。(ダンナ出張中で)

ケッヘル〈上〉 ケッヘル〈上〉
中山 可穂 (2006/06)
文藝春秋


ケッヘル〈下〉 ケッヘル〈下〉
中山 可穂 (2006/06)
文藝春秋


タイトルの通りモーツアルトの作品番号が大きなテーマとなっているのですが、その音楽に魅了された人間の人生が翻弄されてゆく様、たくましく生き抜いてゆく姿が濃~く描写されています。
キーとなる人物が”もしかして?”とか”ここぞ”というグッドタイミングで登場してきます。
きわどい表現もありますが特に上巻は興味津々で読み切りました。
下巻は多少ツッコミながら(^^;)。
ケッヘルの数字にこだわりながら日本、ウィーン、プラハ、ドイツ、パリとゆかりの地が登場するのも楽しいです。
ページをめくりながら旅行に出たくなってしまいました。

読み終わって手持ちのCDを探してみたら、モーツアルトの音楽がほとんどなかったの。
確かにリストやブラームスなどのロマン派の方が心に響くとは思っていたけれど、ほとんど持っていないのには驚きました。
あまりに有名で親しみ深いので身近には感じていたのですけどね。

曲の書かれた背景などを辿りながらゆっくり鑑賞するのもいいかな~と思いました。
  
スポンサーサイト
【編集】 23:59 |  BOOK  | TB(0) | CM(2) | Top↑
コメント
こんにちは。
私も読んでみようと思います。
でも、一気に・・・・というのはすごいですね~
(出張中とはいえ・・・笑)

そうそう!
あのドイツのバンド。。。購入しましたよ~
数日で届く予定です。
楽しみ~
はるぴょん | 2007.01.17(水) 13:00 | URL【コメント編集
読み終わっておなかがすいたことに気が付きました。
おもしろくて。。
たまにそういう本にあたります。

ドイツのバンド楽しみですね。
待っている間もわくわくしますよね~。


kyon_zou | 2007.01.18(木) 12:07 | URLコメント編集
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。