2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
イタリアン・フェッテ考 その2
2006年11月03日(金)
ちょっとひらめきました。
伊フェッテ。。(伊=イタリアン、ね)
ずっと軸足の踵に固執していたので、まずそれをやめました。
足がもたつくのは大概上半身が引き上がっていないか、うまく使えていないか。
上体上体。。

手は??

と思ってやってみたら、いい感じ。



【More・・・】


アームス主導に切り替えてみたの。
アロンジェに上げている手を素速くアンバー、アナバンと通過させる。
降ろすタイミング&速度が遅いのが原因だったようです。

手の勢いが体の上下、振り返りをスムーズにしてくれます。
かかとの位置がどう、というのは全く気にならなくなりました。
手がうまくつけば、顔もつられていい感じで振り向けるみたい。

アントゥルラッセの時にも”手が遅いよ”と言われてたんだわ。
私の場合ひねり系は手がポイントかな?

あと解決したいのはアチチュード時の軸足。
振り向いた時にブレちゃうのね。
後ろを向いてドヴァンに上げた後、が問題ね。
膝が落ちてるかうまく後ろにキープ出来てないか。
上手な人のを後ろから見ていると最後にちょっと膝を曲げてるだけだもんね。

そしてこのパをさらに華やかに決めるのは鏡に映ったスマイル。
ここまで余裕を持って仕上げたいな。

次のレッスンではひと味違うフェッテを目標に。


スポンサーサイト
【編集】 12:40 |  レッスン  | TB(0) | CM(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。