2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
外反母趾
2006年10月06日(金)
筋肉痛まっただ中の身体にムチ打ってレッスンへ。
お天気最悪でしたねぇ。
傘をさしても全身びしょぬれ。
オマケに寒かった。
乾いてない服を着ると冷たかった(T_T)~。

レッスン後は用事や買い物を済ませて行きつけの整骨院へ。
たいした事もしてないのにあちこち支障が出る。。
一昨日ジャンプの着地がまずくて打ち身状態となった左足と骨盤のゆがみ&肩こりを治療してもらってきました。
ついでに外反母趾のことを尋ねてみたところ。。
足の裏の筋力が弱いこと、横アーチがのラインが崩れていること、親指がねじれた状態で人差し指の方へ倒れていること。。などなど丁寧に説明があり、テーピングをしてもらってきました。

先日友達と話していたのですが、レッスン時の一番ポジションにもその要因があるそうなのです。
股関節や膝が開いていない状態で足首だけをひねって無理にかかとを前にしすぎると親指の付け根に負荷がかかった状態で立つことになるのだって。
私の場合、まさにそう。
土踏まずがつぶれているよ、とよく先生に言われていたのが該当する要因でもありました。
だから180度開いた一番じゃなく、多少角度を狭くする必要があるのですね。
で、一番は良くても五番はかかとがひけると自分の指先を踏んでしまうし、リノリウムの床だとついついきれいなポジションにおさめたくなってしまう。
アラスゴンドのタンデュは一体どの方向へ出せばいいの?
なんて考え出すと結局グイっと開いて立っていたります。

レッスンも身体に無理のないよう自分で加減をするすべを見つけないといけませんね。

スポンサーサイト
【編集】 21:24 |  その他  | TB(0) | CM(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。