2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
ド短期ツメコミ教育 豪腕!コーチング”オーロラ姫対決”
2006年08月04日(金)
今週月曜にやっていたTV番組
いつかバレエもやってくれたらな~なんて思っていたらいつの間にか登場してました。
残念ながら前編は見逃してしまったけれど、後半はしっかり見ました!
最近バレエはバラエティとのからみが多いのね。

orora.jpg

さて、その内容は。。。
10日間でオーロラ姫のVの特訓を受け、対決するというもの。
いくら一流のコーチについても10日じゃ無理でしょ~。
しかもオーロラ。
って思ってタノ。

最初見た時はおぼつかない足取りで落ち着いて見られなかったんだけど
何度か見るうちに一生懸命踊ろうとしているのが伝わってくるのよ。
大人からのバレエって何年やっても簡単なアンシェヌマンが覚えられなかったり出来ないことって沢山あるでしょ?
それを素人がたった10日間で振付を覚えて踊るって大変なこと。
けど裏を返せばやれば出来るんだな~とも思ったり。
ま、状況が特殊だからね。

見ていておもしろかったのは生徒の個性と先生のやり方。
厳しいスパルタも褒めて伸ばすのもどちらも間違いではないし、必要なこと。
ただ、厳しい先生がたまに褒めてくれるとものすごく嬉しいし、いつも優しい先生が冷たいと不安になる。
叱ってくれているうちは先生も諦めてないのかな~と思う。
今回一番気になったのは西島 千博さんの”冷めたスマイル”。
言ってもダメかな~って思ってそうな、自分の感情を閉じこめてそうな笑顔がなんだかさみしく見えてしまったのでした。
自分で自分を元気づけてポジティブな橋本志穂さんは健気だし(^^;)。

やっぱりバレエは地道な努力の積み重ねなのね。
振りは覚えられても歩き方、ポールドヴラ、アンドォールやプリエが身に付くのは長い年月が必要。
でも意識することによって上達を早めることができるし、はやり踊りには”心”とか個性が大切だな~と改めて思いました。

見ていたら一緒に踊りたくなったワ。

スポンサーサイト
【編集】 23:13 |  その他  | TB(0) | CM(10) | Top↑
コメント
●見ました♪
スパルタと褒めての指導、私が今までこの番組で見たタップダンスと三味線はスパルタ方式に軍配があがっていました。ある程度追い込まれないと、なかなか自分の殻を破ってもう1ランク上の段階には進めないのかな・・・。自分を振り返ってもそんな気がします。(どちらか選んでいいと言われたら、褒めてもらう方を選んじゃいそうだけど・・・)
musica | 2006.08.05(土) 00:22 | URL【コメント編集
私も前編後編両方見ました。
2人のコーチは両極端でしたね~。そういう趣旨の番組なんだろうけど。
バレエの先生はどちらかというとスパルタが多いみたいだけどやっぱりアメとムチの両方が必要ですよね。
全くやったことのない橋本志穂さんの一番で立った足。
なんか綺麗なバレエ向きな足だなぁ~と羨ましく見ていました。
さすがに踊っている時はパラレル状態だったけど^^;
thanks | 2006.08.05(土) 08:41 | URL【コメント編集
●うーむ、またしても
見逃してしまいました(_ _;

私も自分が選ぶとしたら、musicaさんと同じく褒めてもらう方だなー(笑)。
大人の習い事の場合、自分で先生を選べるのがいいですよね。
踊りには“心”が大切。ほんとほんと、その通り。
踊る時、いっぱいいっぱいだと心も忘れがちだけど、そうならないように気をつけなくっちゃ。
なつ | 2006.08.05(土) 12:20 | URL【コメント編集
●初めまして
人気ブログランキングの新着記事から伺いました。
私もこの番組、興味深く見ました。
たった10日間であれだけ、自分だったら踊れるかなぁ、、って
10年もやっているのに、思っちゃいました。
大人から始めた組です。
海外旅行や映画、、共通項があってうれしくなっちゃいました。
TBさせてくださいね♪
あず | 2006.08.05(土) 20:37 | URLコメント編集
なんかTBがうまく行かなかったので、
こちらにリンク、貼付けさせてね♪
http://blogs.yahoo.co.jp/asway1801/38241872.html
あず | 2006.08.05(土) 20:42 | URLコメント編集
musicaさんへe-414

殻を破るって簡単なことではないけれど自分にしか出来ないことだし、人間追い込まれた時に生まれる力もありますよね。
でも成長はいろんな状況でできるものだと思います。
誰かのひと言とか身近な仲間の頑張っている姿とか、もちろん褒められた時も。
色んな刺激を全部チャンスに変えて一歩一歩進んでいきたいですね!

thanksさんe-418

橋本さん、とても細くてきれいな脚でしたね。
先生に”内股が。。。”と言われてましたけど(^^;)。
人間の脚って外向きに生えてないからね~。ちょっと気を抜くとかかとが後ろにひけちゃうのよね。
コンクールでバンバン優勝者を送り出したり、小さな子供を笑顔で楽しく踊らせる先生ってアメとムチをどう使い分けてるのかな~なんて思います。

なつさんe-416

私は最初に習った先生が超スパルタでした。
今考えるとわけわからない初心者に根気よくバレエの基礎をたたきこんでくれたんだなぁと思います。
バレエを少し理解出来るようになった今こそ厳しい先生につきたいところだけど、希望に叶うところはなかなかないね~。
練習が地道で楽じゃない分舞台や作品は楽しんで踊りたいね!

あずさん、はじめましてe-417

そう、自分だったら出来るかなって考えると踊っている人のことすごいと思いますよね。
まして人前にさらされて対決するという状況はかなり追い込まれたはず。体も痛めていたしね。
でもあんなマンツーマンレッスン羨ましいなぁとも思ったりしてました。
こちらこそ色々共通項があって嬉しいです。
どうぞよろしくおねがいします~。
kyon_zou | 2006.08.05(土) 22:20 | URL【コメント編集
え~、見たかったなァ。
あたしもしごかれたい。。。
potechi | 2006.08.05(土) 22:41 | URL【コメント編集
しょうがないね、私が愛のムチを打ってさしあげましょうe-266
見逃した前編が気になる。。。
kyon_zou | 2006.08.05(土) 22:55 | URL【コメント編集
日本の友人がDVD送ってくれて、見たよ~。
面白かった。
初心者なんで、最初は褒め殺しのコーチの方が萎縮しなくていいのかな~、
と思ったんだけど、後半橋本が壁にぶち当たった時のあの西島の距離間・・・
ああ、これはだめだ、と思いました(^_^;)。

指導って、ただ褒めるより、叱ることのほうが何十倍も情熱がいるんですよね。
たま | 2006.08.14(月) 16:10 | URL【コメント編集
たまさん久しぶり~v-22

叱るってパワーがいることなんだよね。
そのパワーを受け止めて自分の力にすることが出来れば指導が実ると思うのよ。
褒めるのは気分を乗せてその時点の出来よりもっと上をめざしてほしいという思いがあるんだよね。
生徒のタイプにもよるんだろうけど今回のはいい対比だったね。

kyon_zou | 2006.08.14(月) 23:46 | URLコメント編集
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。