2007年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
冬の楽しみ
2007年10月28日(日)
スケートのTV放送。

以前はもっとマイナーだったのにスター選手が次々と出てきて
盛り上がりを見せていますね。

ミキティは体のラインが美しくなっていい滑りをしてました。
グランジュッテ(?)もきれいに決まってました。
ステップで転んでしまって惜しい!
(ステップって難しいんだな。。と初めて思った)
バレエでも骨盤の向きを変えながらアレグロを踊ると腰が振り回されるものね。

初めてといえば、キャロライン・ジャンのパールスピン。
見事です~。

思わずキャプチャーしてしまいました。

ここから

zhang4.jpg


上半身を起こして

zhang2.jpg


ビールマン・スピンへ
zhang3.gif


この間ず~っと回り続けてるんだよね。
目が回ったり気分が悪くなったりしないのかしら。。
それにしても驚くべき柔軟性です。
スパイラルもまっすぐ180度でキレイ。
Wikipediaに各種スパイラルの写真付き解説を発見)
アメリカらしく華やかなスマイルも光ってるし。
今後の成長が楽しみです。

180度といえば。。
私の大好きなカナダの選手、ショーン・ソーヤー君。

s01.jpg

股関節のやわらかい人って好きだわ~。
男性はあまりこんな技をみせてくれないのでとても新鮮です。

開脚一直線ってなぜにこんな感動を生むのでしょう。


最後にダーシー・バッセルの海賊より。

bassel.jpg

ここは別に180度上げなくてもいい箇所だと思うんだけど。。
あまりにのびやかでキレイだったのでパチリと(^^)。
彼女は生まれて初めて見た”開脚180度のバレリーナ”。
大好きなダンサーです。

さて。。
明日も19:00~フィギュアスケートです♪

フィギュアスケート07-08シーズンパーフェクトガイド (ブルーガイド・グラフィック) フィギュアスケート07-08シーズンパーフェクトガイド (ブルーガイド・グラフィック)
実業之日本社 (2007/10/19)
実業之日本社
この商品の詳細を見る


ワールド・フィギュアスケート 29 (29) ワールド・フィギュアスケート 29 (29)
(2007/09)
新書館
この商品の詳細を見る


日本女子フィギュアスケート公認ブック2007-2008 日本女子フィギュアスケート公認ブック2007-2008
(2007/10/12)
マガジンハウス
この商品の詳細を見る

  
スポンサーサイト
【編集】 23:36 |  その他  | TB(0) | CM(0) | Top↑
決意の瞬間
2007年10月28日(日)
暖かい日でしたね。
日中は半袖ニットでちょうどいい位の気温でした。

さて本日のレッスン。
手足が軽かった♪
昨日のシンプルレッスンとヨガが体をゆるめてくれたみたいです。

前回から実は通しでは1回も踊ってなくてドキドキだったの。
通常レッスンの合間に部分的にしかやってない。
しかも足指故障のためポワントは極力はかないようにしていたので
正直さぼりたいなぁ。。という気持ちでいっぱいだったの。

でもレッスン場に足を踏み入れたら少しずつテンションがあがってきて、
結果的には楽しく踊ってきました。

が、昨日色々書いたことは音楽がなると見事吹っ飛びしました。
先生にも”回らなきゃ!って力んでるよ”と言われ。
トゥールだけやるといいんだけどなぁ。。
踊りの途中に出てくると体がキュっと縮こまる。

せっかく昨日学んだのに。。と思いつつも周りの人としゃべっていたら、徐々にリラックス。
最後は気合いがうまく入ってくれてちょっと解放して踊れたように思います。

回りものの所は直前に”力を抜け”と強く念じてみたら多少はマシだったかな。
決めなきゃいけない時はふっと息をはいてから余裕を作ってやればいいのね。
身体能力が上がって素速い判断&迅速な動きが出来れば時間って長く感じるものかもしれません。
動作をする前にほんの一瞬余裕が生まれるのでは。。

アラベスクでバランスをみせるところとアンデダンのダブルは気合いで乗り切りました。
やる瞬間に”今なら出来る”とふと感じたのです。
毎回制御出来れば楽なんだけどな。

一番イケてなかったのはレベランスでした。
足がガクガクしちゃうのよね。あの走り去りたい衝動は何なんでしょう(^^;)。
ここまで踊りなんだぞ!と集中力を忘れないよう。。

音に余裕のある所は鏡を自分で見た時にスマイルだったように思うので、
そんな瞬間を増やして行けたらと思います。
  
【編集】 23:00 |  レッスン  | TB(0) | CM(4) | Top↑
省エネで
2007年10月27日(土)
環境のために省エネを。
というのと同じ事がバレエにもあてはまりますね。

今朝は初めて参加するクラス。
通常のレッスンからは考えられないくらいシンプルな動きしかなかったのですが、
とにかく「力を抜いて」ということ。
先生が「省エネ!省エネ!」と言っているのです。

でも力を抜いて動けたのはたぶんパがあまりに簡単だったから。。
超難解なアンシェヌマンが来たら速攻カチンコチンですよ。
プティバットマンとかフラッペなんて上半身の方が力んでるんだもん。

あとは先生の雰囲気とかトークに影響されるかな~。
今日の先生は誰よりも気持ちよさそうに楽しそうに動いていたから、つられて”私も♪”とリラックスできました。
ガンガン怒鳴る先生ならきっと力んじゃうだろうな。

ポワントをはいて1曲踊るにも力を抜いてリラックスしたら、どれほど楽だろうか。。と思います。
見せ場はだいたい後半~最後にあるからちゃんと体力配分を考えないといけないのね。

夏に体験でVを習った時に「あなたの踊りは全てのパを正確に踊ろうとしているからどれが見せ所のパかわからないわ」と言われたの。
つなぎのパは軽く、メリハリをつけなさいということなのです。
言ってることはよ~くわかるんだけど、体は正確にリズムを刻みたがる。。

音楽に合わせることは大切だけど、それよりも自分の身体から音楽が流れる、リズムや呼吸が生まれることの方が踊っていて楽しいはず。
気持ちを安定させたいからどうしても先にテクニックの安定を求めるのね。

なんとかバレエを楽しむ気持ちを体の外にうまく出してやりたいものです。
今日のように趣向の変わったレッスンやアンシェヌマンを苦労して覚えなくていいレッスンも体の内部に意識があっていいかもしれません。
バレエの後はヨガも受講してきました。
股関節のかたい私には正直気持ちのいい講座ではないのですが、セーブして”なるべく力を抜ける瞬間”を探して受けてきました。
ポイントは”息をゆっくりはく”ですね。

先日榎木孝明さんが古武術というのを某番組で披露されていました。
自分が力を抜くことによって、相手を倒すことが出来るというのです。
力んでいる時よりもはるかに大きな力が生まれるそうです。

無駄な力みを”踊るパワー”にあてられたら自分の踊りが生まれ変わるような気がします。
明日のリハで実践出来るかな。。

  
【編集】 19:35 |  レッスン  | TB(0) | CM(4) | Top↑
WAIT IN THE WINGS
2007年10月25日(木)
英語でしゃべらナイトに吉田都さんが出ていましたね。

客演のダンサーが実力が低いとそのバレエ団のメンバーに認められない、とか自分の役の代役が衣装をつけて待っているのを見てプレッシャーを感じるとか 。
厳しい現実ですね。
さらっと語る都さん。さすが。
(待っている方もメイクして着替えて準備運動してスタンバイして出番がないこともあるのね。。)

しかし。。
日本の語学番組は日本語しゃべりすぎね。
先生の外人さんだけがどんどん日本語上達していくんだもん。
以前、日本語で英語を学ぶのっておかしいですよ、とどなたかに言われたことがありますが
語学番組は日本語禁止にしたらどうかしら?


一番驚いたのは押切もえちゃんの足の細さと長さ!
彼女はとても体が柔らかいので(チューボーですよでブリッジしてました)バレエやっている姿を見てみたいです。
チュチュが似合うんだろうなぁ。。
  
【編集】 22:10 |  その他  | TB(0) | CM(8) | Top↑
備えあれば
2007年10月17日(水)
先日以前習っていたお教室の先生から封書が届きました。
開けてみると発表会の招待状。
しばらくお会いしていませんが、こうして送ってくれるのは嬉しいですね。
”がんばっているから見に来て~”というお誘いを受ければどこでも飛んでいきます(^^)♪

のですが。。

あいにく他に予定がふたつ。
もう一つは友達の発表会、と自分のリハーサル。
でも友達の舞台は”絶対に呼ばない”と宣言されています。
夏前から話を聞いて楽しみにしていたんだけど。。
練習不足と出来に不満足なので誰も呼ばないのだそうです。
その気持ちよ~くわかるけどね(^^;)。。
私もそうだから。。。

今variationは二つ挑戦しています。
うち1曲を舞台に上げることにしました。
突然踊るチャンスが降ってきたのです。
アンテナを立てていれば、機会はやって来るもので。
この数ヶ月間にVクラスで踊った中からお気に入りの曲を選んでエントリーしました。

普段から踊る準備をしておくと、決断が出来るのですね。
基礎練習は本当に大事だと常々身にしみていますが、それだけでは難しい古典の作品を踊ることは出来ません。
通常のレッスンの中にも”踊る”ことを念頭に置いた練習内容がほしいのです。
その為にダブルスクールしているわけですが。

以前メイン教室の助教の先生に”variationクラスをやってほしい”と言ったら
”私もやりたいけど。。みんなもうちょっと動けるようにならないと。。”
という返事でした。
何がどれだけ出来たら”もうちょっと動ける”のだろう。。
そもそも、私以外の人はそこまで踊りたいとも思ってないみたいです。
”そんなの順番追ってるだけじゃん”と言う人もいたし。

私は限りある時間を精一杯踊りに費やしたいだけ。
チュチュだってちょっとでも若い方がかわいいんだから~。

目の前にやってきたチャンスを逃さないためにちゃんと準備をしておきたいのです。
  
【編集】 23:18 |  レッスン  | TB(0) | CM(12) | Top↑
秋の香り
2007年10月07日(日)
窓を開けるとキンモクセイの香り♪
ご近所のお庭で続々と開花しています。
空気がだんだん澄んできて、気持ちの良い季候になりました。
秋が一日一日と深まっていくのを実感しますね。

先週出来なかったイタリアン・フェッテ。
昨日はもっと出来ませんでした。
フェッテだけやるとまだマシなんだけど、踊りの後半に出てくると軸足が頼りない。。
気負ってしまうのかプリエした時とポワントに立った時の位置があまりに違ってバランスが全く取れない状態。
踊り終わった後に先生から色々注意されました。

実はその時には何を言われてもピーンとこなかったのですが、レッスンも終盤という頃。
楽々と出来るようになった瞬間がありました!
”この感覚だ!”ってひらめいた♪

顔の向きです。
斜め後ろを向くのが遅かったみたい。
ポワントにバランスが取れているうちにさっさと斜め後ろを向いてしまうの。
そうすると余裕で振り向ける。
足を振り下ろした勢いでくるん~と戻ってこられる。
体がずっと浮いたままのように楽にアチチュードへ移行出来るの。

あとは力を抜く。
プリエでしっかり床を押す、とか振り向いた後にドゥヴァンのポジションを通る、ということは必要ないようです。
先生にもそう言われたのでした。
(厳密なドゥヴァンは通らなくてよいと。。こだわりすぎでした。)
一体いままで何を力んでいたんだろう。。

視覚が安定すると体は安心するのでしょうか。
回りものもそうだけど、目線で目標点をしっかり定めてやると力を抜いて楽に動けるのですね。

この感覚を忘れずにいられるかしら。。左も練習したいし。
レッスン後は必ずマイルーチンにしよう♪

あとよかったことは。。
アラベスクなどバランスを長くめに保ることが出来るようになってきたこと。
アチチュードターンのダブル率もかなり上がってきました。
最後の回りものもあまり苦痛でなくなってきました。(踊りによるけど)
もう少しうまく体力の配分をうまくコントロール出来るようになりたいな。
やらなくなるとすぐに忘れてしまうので、やはり継続が大事ですね。
まるで”ザルにお水を貯める”がごとく。。
消え去る前に体に教え込まないとね。
  

そうそう、今日のお昼。
買い物の帰りに車でラジオをつけたらクマテツ出演していました。
(伊集院光さんの番組。好きなのでよく聞いています♪)
ケガのことや、芸術監督としての自分、ダンサーとしての自分について色々語っていました。
以前に比べたら随分丸くなりましたね。
相手がバレエについて全然知らない人だったにしては沢山お話ししていました。
是非復活を遂げてほしいですね。
まだ私はナマテツを見ていませんから。。

 
【編集】 21:47 |  レッスン  | TB(0) | CM(2) | Top↑
寒い。。
2007年10月01日(月)
急に寒くなりましたね~。
昨晩ストーブ出してしまおうかと思いましたよ。

週末は天気が悪かったので衣替えする気にならず
今朝着る服が無くて大慌て (-"-;)。
が、過去3年冬の間はプー太郎だったので、オフィス服がほとんどないのね~。
まぁ。。接客のない事務職なので何を着てもいいんだけど。。
明日の晩はお買い物でも行こうかな。夕食用におでんを煮込んでおいたことだし。

さて。。
土日、とレッスンに出ました。
日曜は振替も合わせて2レッスン。

Vクラスでは久しぶりにやるイタリアン・フェッテが出てきました。
一生懸命練習したのは昨年のことだったか。。
全然出来なくなってました。

帰りに何で出来なかったのかなぁ。。と考えていたら
振り返る前のドゥヴァンがなかった事に気が付きました。
上半身だけでがんばっていたみたい。
フェッテアラベスクの時も「足を前に出した時の引き上げが足りない」「足を自分の方へ引きつけて」と言われたのを思い出してあれこれイメトレしてみました。
今週末は”クルっ”と振り返るところを見せられるように気を付けてみようっと。

昨日レッスンの途中から右足親指の先が痛いなぁと思っていたら
どうやら巻き爪になりかけているようです。
爪が指の肉にくいこんでいるの~(>_<)
とりあえず小さなコットンをはさんでみて応急処置です。
ひどくなったらポワント履けなくなっちゃう。。

しばらくの間通勤はヒールのない丸い靴で。
  
【編集】 22:59 |  レッスン  | TB(0) | CM(2) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。