2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
常夏の国に
2008年06月09日(月)
またやって来ております。
心地よい風を感じながら、アレコレおいしいものをほおばってます。
新宿や渋谷を歩くより気楽なのはどうしてでしょ。

今晩は現地の友人とリトルインディアで見つけた行列のレストランへ。
昨日食べたランチミールスがおいしかったので早々にリピです。

お目当てのインド映画は今回はおもしろい作品はなさそうです。
なのでグルメに走るか。。。!?

機会があればバレエのレッスンにもでたいな。

 
スポンサーサイト
【編集】 17:53 |   | TB(0) | CM(0) | Top↑
リフレッシュ
2007年09月26日(水)
すっかりブログ放置してました~。
8月末から9月は何だか本当に目が回るくらい忙しくてね。。

で、連休にくっつけて遅い夏休みとってました。
といっても大好きな常夏の国へ行って早朝から深夜まで走り回ってたけど。
本当は来月に行きたかったのですが(バレエ公演がいくつかあるので)休みの取りやすい連休になりました。
ゆっくり休んだのは昨日帰ってきてからです。
ナント昼の12時半過ぎから今朝の7時まで爆睡!
約18時間の睡眠zzz。
貯め寝って出来るのよね。不思議と。


旅先ではレオタードを借りて友達と一緒にレッスンも受けてきました。
先生は代行のオーストラリア人男性。
なかなか細やかな指導をしてくれる先生で、何度か「胃を閉じて」「上半身を引き上げて」と言われ、その他「バーは優しくにぎって」「ススの時は上半身をもっと前にした方が楽だよ」「プリエの際に上半身を前に倒しすぎない」「もっと伸びやかに大きく」など色々注意されました。
言われることはどこへいっても同じものですね。。。

センターではライダーキックみたいなパが出てきて(一度やってみたかったの!)面白かった♪
男性の先生ならではのアンシェヌマンはなかなか刺激的でした。
開放的で広々とした教室もよかったし楽しかった♪♪

レッスン場はバレエ団の施設だったのでバレエシューズはどなたかの(?)置き靴を借りて踊ってました。(トウシューズとバレエシューズがゴロゴロ置いてあるの。。)
ちょっと小さくて足が窮屈だったけど(^^;)。。助かった♪


その他インド映画にインドカレーにショッピングなどを満喫。
全日程友達が色々つきあってくれてしっかり楽しんできました♪

バブル絶頂。。というか今後数年間は進展し続けるそうですが、活気のある国だなぁというのを改めて感じてきました。

仕事の月末処理が終わって、休んだ分の振替レッスンに出たらやっと落ち着きそうです。
最近バレエ日記もさぼってたからねぇ。
沢山のVを踊ったのに何も感想書かなかったわ。。 

  
【編集】 23:35 |   | TB(0) | CM(4) | Top↑
密かに
2006年10月15日(日)
旅ってました。
で、今朝方帰ってきて洗濯をすませたところです。

最近は本当にお手軽に手配が出来るので驚きです。
前日の午後でも格安航空券が買えるし、Eチケットだと直接空港会社のカウンターに行けばいいだけだし。
成田はずいぶんお店が増えてにぎやかになっていました。
よーじや』のお店が出現していたし。。。
レスポはセールだったし。

今回は偶然バレエの公演が見られたのでそのリポです。
ちょうどダンスフェスティバルが開催されていて『Red Giselle』という作品を鑑賞することができました。

redgiselle.jpg

ボリス・エイフマン振付。
クラシックとコンテンポラリーを混合したようなバレエでした。
題材はちょっと複雑かも。
革命の時代を生きた一人の女性の運命と狂気。。でしょうか。

素晴らしかったのはプリマの女性。
とにかく細い。体が柔らかい。美しい。
隣の外人さんは彼女が開脚する度に”oh!”と感嘆の声をあげていました。
コールドの皆さんも白いチュチュを着ても枝切れのようだったのでかなり細いはずです。

踊りや音楽はかなり色々な要素がミックスされていました。
民族舞踊や社交ダンス風、眠れる森の美女風、エスメラルダ風、タイトルにもあるジゼルの踊り。
カルメンの音楽も入っていました。

でも最後の方は重苦しいシーンが多くて疲れちゃった。
まあ珍しい作品を見られてよかったかな。という感想です。

席がずいぶん空いていたところを見ると話題作ってわけでもなかったのかしら。
旅行者?とおぼしき白人さんもけっこういたし。

調べてみると何カ国かで上演され、絶賛された作品のようです。
日本語で解説を載せたページもありました。
youtubeも。。探せば見つかるんですねぇ。

Red Giselle - Yelena Kuzmina

エスプラネードのページでも短い映像が見られます。


オマケに。

temple.jpg

【編集】 12:39 |   | TB(0) | CM(2) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。